ブログ|中央区薬院エリアで歯科をお探しの方は武井歯科医院まで

滅菌への取り組み

2017年10月24日

こんにちは、薬院の武井歯科医院です。気温も下がり、だいぶ秋の気配が濃くなってきましたね。

いつもお盆をすぎたら年末がすぐ来る気がします。

さて当院では、薬院にお住まいの皆様のお口の健康のために一般歯科や歯周病、入れ歯などの治療をしています。

虫歯や歯周病など、歯医者での治療はお口の中を触ります。また、歯石を取ったり抜歯をする時にどうしても出血を伴うのが歯科治療の特徴です。

たとえば、内科の病院に行って注射をしても注射器はディスポーザブル(使い捨て)なので、肝炎などに感染する危険性は特殊な事情がない限りありません。

当院でも麻酔の注射器は同じようにディスポーザブルのものを使用していますので、ご安心ください。

器具の滅菌について

ただ歯科治療の場合、歯周病治療をはじめ、器具でお口の中を触る治療がほとんどなので、一度使った器具は唾液や血液の中に含まれる菌やウィルスが付着してしまいます。

当然のことながら、そのまま器具の使い回しなどということはせず、感染症予防のために使用した器具はすべて洗浄後、オートクレーブという器械を用いて高圧蒸気滅菌を必ずしています。

滅菌は患者様の目に触れないところで行うのですが、虫歯や歯周病の治療を安心して受けていただき、当院から感染症の患者様を出さないため、徹底的にする必要があると考えています。

患者様にとって、治療後に器具の滅菌をするのは当たり前のことだと思われるかもしれません。

しかし、2014年5月18日に発行された読売新聞には、「歯の治療をする器具を滅菌しないで使いまわしている歯科医院が全体の7割以上である」というショッキングな内容の記事が掲載されたのです。ご存じのように出血を伴う治療をしたら、器具に唾液だけでなく血液も付着する可能性が高く、その血液を介してB型肝炎やC型肝炎、HIVに感染する可能性が出てくるのです。

この記事によると、7割以上の歯医者では器具を水洗いして乾燥するだけで肝心な滅菌処理をしていなかったわけです。

それがわずか2年ほど前のこと。高圧蒸気滅菌をせずに洗浄だけで済ませることが、どれほど危険なことかお分かりいただけると思います。

衛生管理を徹底しています

当院では、高圧蒸気滅菌をひとつひとつの器具に確実に行うようにしています。

また、患者様ごとに滅菌済みの器具を使用するようにしているので感染症に感染することはなく、そのため患者様に安心して治療を受けていただけます。

虫歯や歯周病の治療に来て、感染症にかかったなどということはあってはなりません。安全で安心な歯科医院の運営に尽力いたします。

繰り返すようですが、薬院の武井歯科医院では確実に器具の滅菌を行っていますので、どうぞ安心して治療を受けにきてください。