ブログ|中央区薬院エリアで歯科をお探しの方は武井歯科医院まで

ご本人の歯を残すことが大事です

2017年10月27日

できるだけご本人の歯を残す治療方針

薬院の武井歯科医院では虫歯や歯周病の治療を得意分野として行っていますが、非常に大切にしている治療方針として「できるだけご本人の歯を残す」治療をするようにしています。

一昔前までは虫歯で歯医者に行くと、虫歯になっているところだけでなく、その周囲まで大きく削られることがありました。薬院だけでなく、他の地域の歯医者でもそうしたことは珍しくなかったのです。

しかし、いまの歯医者ではそのようなことはまずありませんし、当院でも歯を削るのは必要最小限にとどめています。

また、歯茎の中に入っている部分が虫歯になっていたり、歯が割れていたりする場合、クラウンレングスニング(歯冠長延長術)という歯茎を下げて治療する方法を用いることもあります。

この治療法は、まだ広く浸透しているわけではないのですが、当院では患者様のご希望や状態に応じて適用する場合もあります。

当院では虫歯や歯周病の患者様にどのような治療をするにせよ、できるだけご自身の歯をたくさん残すという方針で治療いたします。

年を重ねても健康な歯でいるために

さまざまな治療法を駆使して、ご自身の歯を可能な限り残すことで、将来、年齢を重ねられた時も、自分の歯でおいしく食事ができる可能性をできるだけ残しておきたいのです。

日本歯科医師会では8020(ハチマルニイマル)運動といって、80歳になった時に自分の歯を20本残しておこうという運動をしていますが、20本自分の歯があると食べ物を差し障りなく噛んで食べることができます。

それは美味しく感じられることと共に胃腸に負担をかけにくいという意味でも大切なことで、歯の健康は全身の健康にも影響を及ぼすのです。また、ご自身の歯を失くす原因は虫歯だけではありません。

歯を失くす一番の原因は、実は歯周病なのです。また、歯周病は初期のうちは自覚症状がほとんどなく、そのため知らないうちに進行してしまいます。

歯茎から出血する、歯がぐらぐらするといった症状が出てきた時には、既に手遅れということも少なくありません。歯の根の先まで自分の骨が溶けてしまっている、その場合は速やかに抜歯する必要があります。残念ながら全ての歯を残せるという訳でもないのです。

定期検診で初期のうちに発見できると治療もしやすく、歯石やプラーク(歯垢)を歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って除去することで治すことができます。

ブラッシングの方法などご自宅での歯のケアについても指導いたしますので、次の定期検診までご自身で適切なケアをしていただいたら、取り返しがつかないほど進行するといったことも予防できるのです。

しかし、その程度の治療で済まない状態になってしまうと、治療できるケースもありますが、最悪の場合、歯を抜かないといけなくなる場合もあります。

院長は歯周病専門医なので、歯周病の状態によって中等度〜重度の患者様にはエムドゲインという薬剤を使用した歯周組織再生療法も行えます。お気軽にお問い合わせください。