コラム|中央区薬院エリアで歯科をお探しの方は武井歯科医院まで

“放置”…歯周病で一番してはいけないこと

こんにちは。薬院の武井歯科医院、院長の武井です。

今日は日本の成人のおよそ8割が罹患しているといわれている「歯周病」についてお話しします。

 

歯周病の初期は自覚症状がほとんどなく、自分が歯周病にかかっていることに気が付かない人は少なくありません。このような特徴から図らずも歯周病を“放置”することになりがちです。その歯周病をそのまま放っておくとどうなってしまうのでしょうか?

 

歯周病は放置しても治りません

 

歯周病の初期は自覚症状があまりないのですが、それでも歯と歯ぐきの境目の歯肉が赤く腫れる「歯肉炎といった症状が現れます。歯垢や歯石をしっかり取り除けば元通りに回復するので、比較的症状は軽い段階です。逆に言うと、歯肉炎の時点で何もせずに放っておけば重い歯周病へと進行してしまう、ということ。

 

つまり、歯周病は“放置”しても治らない病気なのです。

 

歯周病の危険を知らせるサイン

 

そうして歯肉炎が進行すると、歯と歯ぐきの隙間に「歯周ポケット」と呼ばれる深い隙間ができあがります。すると、歯ぐきの腫れが以前よりひどくなる、口臭がきつくなる、歯ぐきから膿が出てくるようになるといった症状が現れます。

 

実はこれらの症状は、歯を支える骨(歯槽骨)が歯周病菌によって溶かされていることを知らせるサイン

 

この危険なサインを無視し続けていると、歯がグラグラと安定しなくなり、歯ぐきも痩せはじめ、最終的には歯が突然抜け落ちます

 

歯を失うデメリットは全身におよびます

 

抜けてしまった歯はもう二度と元には戻りません。

 

歯を失った状態では、きちんとよく噛んで食事をすることができず、栄養が偏り、生活習慣病のリスクが高まります。また、「噛む」ことは刺激を脳に与える行為なのですが、しっかり噛むことができない方は認知症になりやすいという調査結果があるなど、全身に悪い影響を与えることがわかります。

 

さらに、歯がないと発音・発声がしにくくなり、見た目から自信を失うこともあるため、周囲とのコミュニケーションに支障が出てしまうなど、歯を失うことのデメリットは意外な面にも現われます。

 

症状がなくても歯科医院へ

 

歯周病は気づいた時には重症化している恐ろしい病です。

 

大切な歯を守るためには、常日頃からお口の様子を観察し、少しでも「あれ?」と思うことがあればすぐに歯科医院へ相談に行くことが重要です。

 

そして歯垢・歯石を取り除くクリーニングや定期検診のために、“症状がなくても”歯科医院へ通うことを習慣にしましょう。

 

医院名 武井歯科医院
所在地 〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院2丁目15-10 サンフラワー薬院2F
電話番号 092-741-5928
URL https://www.takei-dc.com/
診療内容 一般歯科・歯周病治療・義歯治療・予防歯科・口腔外科・顎関節症治療・矯正歯科・審美歯科・インプラント・ホワイトニング
説明

福岡県福岡市中央区にある歯科医院、【武井歯科医院】です。

当院ではできる限り削らない、神経を取らない、歯を抜かない「歯をなるべく残す」ことを診療方針としています。
院長は日本歯周病学会 歯周病専門医の資格を持っておりますので、歯の基礎となる歯肉から、歯、そして口腔内全体の健康を考えた質の高い歯科治療を行います。

薬院大通駅より徒歩3分、薬院二丁目停留所より徒歩1分の立地で、駐車場2台完備しております。

夜19:00まで、土曜日も17:00まで診療しており、安心・リラックスして治療をお受けいただける環境や設備を整えております。