ブログ|中央区薬院エリアで歯科をお探しの方は武井歯科医院まで

ITI スタディークラブ 九州支部会で発表しました

2021年8月10日

毎日暑い日が続いていますが、皆様お変わりないでしょうか?

 

 

先日、ITIスタディークラブ九州支部会で、福岡支部を代表し、「低侵襲のオープンバリアメンブレンテクニックを用いたインプラント症例」と題し発表させて頂きました。

 

 

ITIスタディークラブとは、インプラントの学術団体で、世界でも有数のグループです。

 

 

日本の中で、九州支部は北九州支部、福岡支部、久留米支部、佐賀・長崎支部、大分支部、熊本支部と6つの支部に分かれており、今回の学会は支部を代表して各1名づつの先生が発表されました。

 

 

今回の支部会では福岡支部を代表させて頂き、また多くの先輩がいらっしゃるなか、恐れ多くも私が発表させて頂きました。

 

 

はじめてWEB上での発表で、接続に少し手間取ってしまいましたが、なんとか無事に終えることができました。

 

 

支部会の進行をして頂いた山下素史先生、座長をして頂いた木村英隆先生、そして会長の加来敏男先生に感謝申し上げます。

 

 

そしてその発表が投票にて選出され、光栄なことに11月に開催されますITI セクションミーティング(日本支部会)にて発表が決まりました。

 

 

あらためて今回の反省点を活かし、発表に望みたいと思います。