歯周病治療|中央区薬院エリアで歯科をお探しの方は武井歯科医院まで

日本人の成人の約8割がかかっているといわれる「歯周病」についてご存知でしょうか?

イメージ画像

歯周病は歯肉だけの病気と思われている方が多いのですが、歯周病菌によって歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされていくことや、全身疾患を引き起こす可能性もある、恐ろしい細菌感染症なのです。
現在日本では、成人の約8割の人が歯周病にかかっていると言われていますが、自覚症状のない方が多くいらっしゃいます。
重症化する前に、定期検診で早期発見・早期治療を心がけることが大切なのです。

当院長は日本歯周病学会 歯周病専門医として認められた、歯周病治療のエキスパートです。
専門的な知識を生かして、皆様を歯周病から守る治療を行ってまいります。

歯周病セルフチェック

~こんな症状に心当たりありませんか?~
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯が長くなったように見える
  • 歯ぐきがブヨブヨしている
  • 歯みがきをすると歯ぐきが痛い
  • 歯ぐきが下がった
  • 物をかみにくくなった
  • 歯ぐきを押すと血や膿が出る
  • 口臭が強くなった
  • 歯を磨くと出血する
  • 朝起きると口の中がネバついている

どれか1つでも当てはまった方は、もしかしたら歯周病かもしれません。
重症化する前に歯周病について知り、早期治療を心がけましょう。

歯周病とは?

イメージ画像

歯周病は、歯垢(プラーク)に潜んでいる細菌が引き起こす感染症です。
歯周病菌は歯ぐきの内側に入り込み、歯ぐき、歯槽骨(歯を支える骨)へと徐々に感染を広げていきます。歯周病菌が歯槽骨まで感染すると、骨を溶かしてしまいます。
当院では歯肉や歯槽骨などの歯周組織の再生治療も行っておりますが、大変な治療になる前に、初期段階で治療をすることが大切です。
歯周病は自覚症状がなく、ご自身で見つけることは難しいため、歯科医院のプロの目で症状を発見する必要があります。

歯周病の進行の流れ

  • 1.歯肉炎
    イメージ画像

    歯ぐきが腫れ、歯みがきをすると出血します。
    毎日ホームケアを行うとともに、歯科医院で正しいブラッシング方法の指導を受け、歯垢・歯石を確実に除去すれば、症状は1~2週間で改善されていきます。

  • 2.軽度(P1)
    イメージ画像

    歯肉炎だけでなく歯周炎も始まって、歯ぐきとともに歯を支える歯槽骨の破壊が始まります。歯ぐきがむずがゆい、歯が浮くように感じるなどの症状が出始めます。
    1と同様に、正しいブラッシング方法を身に着けて毎日ホームケアを行い、歯垢・歯石を歯科医院で確実に除去します。

  • 3.中等度(P2)
    イメージ画像

    歯肉炎と歯周炎が進み、歯ぐきは赤黒く腫れ上がり、血や膿が出たり、痛みを感じるようになります。
    歯ぐきが衰えるために歯が長くなって見えたり、歯の隙間が広がって見えることもあります。
    これ以上歯ぐきや歯槽骨が侵される前に、一刻も早く治療を始めましょう。毎日正しいホームケアを行い、歯垢・歯石を歯科医院で確実に除去するほか、進行度合いによっては歯ぐきや歯周を再生させる再生医療やエムドゲインも行います。

  • 4.重度(P3)
    イメージ画像

    歯がグラつくようになって物がかみにくくなる、歯みがきや食事のたびに痛む、膿や細菌によって口臭が悪化するなどの症状が見られます。
    すでに治療が難しい段階まで進んでいる場合も珍しくありません。その場合は歯を抜き、インプラントや入れ歯などで歯を作ります。病状によっては再生療法やエムドゲインなどの専門的な治療も行いますが、治療期間は長く治療費用もかさむことになります。

歯周病は全身の疾患を引き起こす可能性があります

イメージ画像
  • 糖尿病
  • 骨粗しょう症
  • 誤嚥性肺炎
  • 関節炎・腎炎
  • 狭心症・心筋梗塞
  • メタボリックシンドローム
  • 脳梗塞
  • 低体重児出産や早産

全身の健康状態にもかかわってくることが近年わかってきました。
特に糖尿病は患者様のなかに歯周病にかかっている方が多く、さらに歯周病によって悪化しやすくなることがわかっています。そのほか、誤嚥性肺炎や心臓病、脳梗塞などさまざまな全身病との関連が報告されています。
妊娠中の女性はホルモンバランスによって歯周病のリスクが高まります。歯周病によって低体重児出産や早産を引き起こす可能性もありますので、母子ともに健康であるためにも、歯周病からお口を守りましょう

当院の特徴

歯周病専門医による治療

イメージ画像

歯周病の専門的な治療を行える歯科医院は、日本ではまだまだ限られています。
当院の院長は「日本歯周病学会 歯周病専門医」で「アメリカ歯周病学会 インターナショナルメンバー」でもある、歯周病治療の専門家です。国内外の最先端の歯周病治療について詳しく、患者様に精度の高い治療をお受けいただくことができます。

  • 日本歯周病学会
    日本歯周病学会とは
    「歯周病を克服することによって自分の歯を1本でも多く残すこと」を目的に、 1957年に設立された学術団体です。会員は国内外の学会で最先端の治療研究成果を多数発表しているほか、歯周治療の審査や、診断・治療の基本となる指針などを精力的に行っています。
  • アメリカ歯周病学会
    アメリカ歯周病学会(APP)とは
    アメリカにおける歯周病に焦点を当てた学会です。多数設けられている歯周病関連学会の中でも会員数が非常に多く、最先端の治療方法も多数発表されてきた、世界的権威のある学会です。

歯周病治療の流れ

  • STEP1

    歯周病検査
    イメージ画像
    歯周ポケット検査 まずは歯周ポケットの深さを確認します。この検査によって、患者様の歯肉の状態を把握し、患者様に合った治療計画へと繫がります。

    レントゲン写真の撮影 歯槽骨の状態を調べるために、お口全体と顎の骨の状態をレントゲンで撮影します。

    口腔内写真の撮影 口腔内用デジタルカメラで、患者様の口腔内の歯列や歯肉の状態を撮影いたします。
    撮影写真は患者様ご自身にご覧いただき、お口の現状についてわかりやすく説明させていただきます。
  • STEP2

    初期治療
    イメージ画像
    歯垢・歯石除去 歯周病の原因となる歯垢・歯石の除去を行います。歯科衛生士が超音波スケーラーなどの専門器具を使って、歯垢・歯石を徹底的にクリーニングします。

    ブラッシング指導 歯周病はブラッシングに始まりブラッシングに終わると言われるほど、毎日の歯みがきが重要です。
    毎日ご自身のお口にあった歯みがきができるように、歯科衛生士が患者様に最適な磨き方を指導させていただきます。

    生活習慣指導 歯周病は食生活をはじめとする生活習慣とも大きな関わりを持っています。
    砂糖をたくさん使った食べ物やタバコは、歯周病の治療を妨げてしまいます。
    このような患者様の生活習慣についてもしっかりお伺いし、口腔環境を良好にする改善ポイントもお伝えいたします。
  • STEP3

    再評価
    イメージ画像
    1~2までの治療によって、どの程度歯周病の症状が改善されたか、歯周ポケット検査などで確認いたします。
  • STEP4

    歯周外科治療
    イメージ画像
    1~3までの治療でも歯周病が改善されない場合は、外科的な治療を行います。医療保険内での治療だけでなく、自費による最先端治療もお選びいただけます。当院ではエムドゲインを使用した再生治療を行うことができます。
    エムドゲインとは
    イメージ画像 歯周病菌によって破壊された歯肉や歯槽骨などの歯周組織の再生を促すことができる再生材料です。
    歯肉を切り開いて歯からはがし、歯根を清掃して歯周病菌を徹底的に除去してから、エムドゲインを塗り、歯肉を再び縫い合わせます。
    手術後3~6週間で縫い合わせた糸を取ることができます。
  • STEP5

    メインテナンス
    イメージ画像
    歯周病治療が終わり、健康なお口を取り戻したら、その状態を持続させていきましょう。
    毎日正しくブラッシングを行い、定期的に検診や歯垢・歯石の除去を受けることが大切です。
    ご来院いただく頻度は患者様によって違います。詳しくはスタッフがご案内いたします。
    歯周病の再発を防ぎ、お口の健康を維持していけるように、頑張って定期的にご来院ください。当院でも親身になってサポートしてまいります。