ブログ|中央区薬院エリアで歯科をお探しの方は武井歯科医院まで

【歯周病予防】歯石除去の大切さ

2017年8月26日

まだまだ残暑が厳しい毎日が続いていますね。皆様は体調を崩されていませんでしょうか。今日は歯石取りの大切さについてお話したいと思います。薬院の武井歯科医院でも歯周病専門医の院長や歯科衛生士が日々の診療で歯石取りをしております。

歯周病予防の歯石取り

特に歯周病は、痛みや腫れなどの自覚症状がないままに進行していきますので、自分ではなかなか気づきにくく、歯がぐらぐらするようになって、初めて異変に気付くことが多いのです。そのため、特に不快な症状がなくても、定期検診で歯垢や歯石を取り除くことが必要なのです。

 

特に、歯石がついてしまうとご自身でブラッシングしてもなかなか落とすことができません。歯科医院で歯科医師や歯科衛生士の有資格者がスケーラーという器具を使って歯石を除去する必要があります。

放置すると怖い歯周病

お口の中はむし歯の原因になるミュータンス菌や歯周病の原因となる細菌がいっぱいいるのですが、この細菌がネバネバした固まりの歯垢になって歯の表面にくっつくのです。歯垢はプラークやバイオフィルムとも呼ばれています。ネバネバしているので、細菌は外から攻撃されても守られていて、唾液の力では殺菌が困難なのです。そして歯垢がついてからたった2日間で歯石へと変化し、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間に付着します。同時に細菌が作った酸が歯のエナメル質を傷め、むし歯が進行する可能性が高まります。

 

歯石を取り除かずにそのまま放置しておくと、歯ぐきの間の歯周ポケットの中にまでさらに歯石がついてきて、歯周病の原因になります。歯石の中には歯周病を引き起こす菌がたくさんいるのです。歯石はブラッシングでは取り除けないため、そのまま歯石を放置しておくと、やがて歯茎からの出血や歯茎の腫れなどが起こります。そして、さらに進行すると歯を支えている歯槽骨という骨が溶け出します。この頃には歯がぐらぐらする動揺という症状が現れ、歯が抜け落ちることもあります。一度失った歯は、二度と元に戻すことはできません。

 

当院では、患者様を歯周病や虫歯から守るため、定期的に受診していただき、歯石を除去し、お口の中のクリーニングを行うことをおすすめしています。スケーラーを使った歯石除去には資格が必要なのですが、研修や訓練を受けた歯科医師と歯科衛生士が2名おりますのでご安心下さい。できるだけお痛みがないよう丁寧に歯石を除去いたします。

 

スケーラーには超音波の力を利用した超音波スケーラーと手用スケーラーがあります。最初に、超音波スケーラーで硬い歯石を概ね除去します。その後、先の尖った金属の手用スケーラーで歯と歯の間や歯ぐきの中についた歯石など、取り残しの部分を丁寧にクリーニングいたします。歯石を取って機械のブラシで研磨を行うと、歯の表面がつるつるになって、歯垢がつきにくくなり、より予防効果が高まります。歯周病や虫歯の予防をするには、定期的にお越しいただくことがなにより大切です。薬院の歯医者で歯石取りをされる際は、ぜひ薬院の武井歯科医院にお越しください。スタッフ一同アットホームな雰囲気でお待ちしております。