〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3丁目11−18 プレジール薬院テラス2F

092-791-5190

根管治療|福岡市中央区薬院で歯科をお探しの方は薬院たけい歯科クリニックまで

top > 根管治療

根管治療(歯内療法)とは
重症化した
むし歯の治療です

むし歯でひどい痛みを感じたときには、すでに歯の神経にまでむし歯菌の感染が広がり、歯の根までむし歯が進行していると考えられます。ここまでむし歯が進行してしまった場合には、根管治療(歯内療法)が効果的です。

根管治療は、むし歯菌に感染して炎症を起こした神経をかき出し、根管の中を薬剤で殺菌します。きれいになった管に充填剤を詰めて密閉し、細菌が再び入り込むのを防ぎます。

以前は、むし歯が重症化すると抜歯していましたが、根管治療により、歯を残せることが増えてきていますのでしっかり治療しましょう。

根管治療は最後まで
通院することが大切です

根管は複雑な構造で、歯によって形状が異なります。そのため根管治療の回数は、歯の形状やお口の状態に応じて変わりますが、他の治療よりも通院回数が多くなりやすい傾向があります。

なかには5回以上通院が必要なケースもあり、通院を負担に感じるかもしれません。しかし、重症化したむし歯の治療だけでなく、むし歯の再発やむし歯菌が原因で起こるさまざまな疾患を防ぐためにも、最後まで治療を続けることが大切です。

根管治療(歯内療法)
の流れ

ここからは、根管治療(歯内療法)がどのように行われるのか、治療の流れをご紹介します。

順を追ってご紹介していきますが、実際に根管治療をスタートする際には疑問や不安なことも多いかと思います。治療前でも治療の途中でも、気になることはいつでもご相談ください。

歯科用CTや
レントゲンによる検査

治療に先立ち、痛みのある歯とその周囲をレントゲンや歯科用CTで撮影し、歯の根の状態を確認します。
歯科用CTは、お口の中を立体的に撮影して画面上に再現することができることが特徴です。神経や血管の位置、顎の骨の厚みなどお口全体を細部まで把握し、治療の精度と安全性を高めます。

検査結果をもとに、現状や今後の治療プランについてご説明させていただきます。

神経の手前まで歯を削る

検査でお口の細部まで確認をしたら、治療をスタートします。治療では、まず、局所麻酔を行い、なるべく痛みを感じずに治療を進められるようにするのでご安心ください。

その後、根管内の清掃を行うために、感染した歯の表面から、神経が露出するところまで削ります。

感染した組織を除去

次に、細い針金のような「ファイル」という専用器具を使用して、根管内の感染した神経や血管、過去に詰めた古い充填材などを、内部を損傷させないように注意しながらきれいに除去します。 取り残しがあると、再発を繰り返す要因となるため、数回に分けて丁寧に取り除きます。

根管内の洗浄と消毒

感染した神経を除去したら、根管内を洗浄して消毒します。根管は非常に細く、複雑な形状をしているので、時間をかけて丁寧に行います。症状に合わせて洗浄と消毒を繰り返すことで細菌の取り残しを防ぎます。

感染した組織の除去から洗浄と消毒の工程は、今後の感染を防ぎ、歯を保存するためにとても重要です。

根管内を密閉

洗浄と消毒が終わったら、根管内を削って形を整えてから根管充填材を詰め、充填剤で根管内を隙間なく埋めます。隙間から細菌が入り込むと、再び感染して症状を繰り返すため、隙間を残さないように密閉します。

被せ物を行い治療完了

根管内部を密閉したら、根管の穴をふさいで土台を作り、仮歯でふたをします。最後に、製作した被せ物が完成したら装着して根管治療は終了となります。

根管治療を行った歯は、神経がある他の歯と比べると弱くなってしまいます。そのため、治療が終わった後は、根管治療を行った歯を長持ちさせるために、また、お口全体の健康のためにも、定期的な歯科検診を忘れないようにしましょう。

根管治療(歯内療法)
のご相談は
薬院たけい歯科
クリニックまで

「薬院たけい歯科クリニック」は福岡市薬院エリアにある歯科医院です。根管治療はしばらく継続した通院が必要ですが、当院は「薬院駅」「薬院大通り駅」から徒歩約3分のアクセスしやすい場所にあります。
被せ物に使用する素材には、保険診療の素材のほか、ジルコニアやe-maxなどの自由診療の素材も取り揃えております。
患者さまの予算やご希望に合わせて、適切な治療方法をご提案しますのでご安心ください。

アクセス